夏虫疑氷

トレード雑記第102弾、

 

夏虫疑氷

夏虫疑氷(かちゅうぎひょう)は、

出典『荘子』から、読んで字のごとく「夏の虫、氷を疑う」という内容で、

見識の浅いものの考え方のことを言い、そういった人を蔑む言葉でもあったりする。

 

また、「夏の虫、氷を笑う」ということわざ表現もあって、

夏しか生きていない(≒冬を経験していない)のに氷の存在を笑う、

という同じ意味合いですが、こっちの方がまだ使われやすいかも。

 

とはいえ、これらの表現の類語には、

めちゃくちゃ有名な「井の中の蛙大海を知らず」がありますから、

一般的には圧倒的にこちらの表現が使われていると思う。

 

いずれにしても、

相場のいいときだけしかしらない、

逆に、悪いときだけしかしらない、

みたいな感じだと、まだまだだな。

 


1回応援クリックよろしくお願いします!

 

2件のコメント

  • こんにちはの時間になりましたw
    アメリカは爆上げで引けていますが、
    サンデーダウがウクライナ関連のニュースで
    ダダ下がり中です・・・
    カオスな月曜日になりそうなので、
    明日は慎重に、がよさそうです。
    今月も激戦お疲れさまでした。
    悶々とする気持ちの中、
    毎日の更新、本当に頭が下がります。
    いつも読ませて頂き、ありがとうございます!
    良い一日をお過ごしください♪

    • お疲れ様です。

      当然と言えば当然なのでしょうが、
      24時間何が起こるかわからない緊張感がありますね。

      月曜日、月末、
      お互い明日は慎重にいきましょう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。