アンジェスによるコロナワクチン開発中止

トレード雑記第165弾、

 

アンジェスによるコロナワクチン開発中止

2022年9月7日、製薬ベンチャーのアンジェス(大阪府茨木市)が、

コロナワクチン開発の中止を発表しました。

 

2020年3月から開発を進めてきたらしいので、

約2年6か月を経ての決断ということになります。

 

日本企業による国産ワクチンの開発ということで、

当時は大変話題になりました。

 

どのくらい話題になったかというと、

コロナの恐怖に蔓延していた日本において、

大阪府の吉村洋文知事が全面バックアップかのようにふるまい、

連日連夜メディアで救世主扱いされていた・・・、そんな感じです。

 

それもあってか、アンジェスは上場企業でもあったのですが、

当時の新興マザーズ市場の銘柄で、出来高は「もちろん」ダントツの1位。

 

東証1部の銘柄を含めても1日の出来高が全体でも3位くらいになったような記憶があります。

(記憶が曖昧だけど、株式併合前の「みずほ」がいなければ1位になった日もあったような・・・)

 

要するに、あの時期において言えば、

日本を代表する銘柄、企業といっても過言ではなかったわけですね。

 

一方で、製薬ベンチャーのなかでも、特にアンジェスには、

「大きなことを言ってお金を引き出す能力はピカイチだけど、必ず成功しない」

という評判も常に言われ続けてきた記憶が・・・。

 

結果的に、今回も、そうだったわけで、

笑い話として言われてきた「本業は株券印刷業なんでしょ!?」

みたいなネタにされそうな気がしないでもない。

 

当時から「絶対に手を出してはいけない銘柄のひとつ」と揶揄されていたので。

 

国産コロナワクチンの開発中止は残念なニュースではあるけれど、

株式投資・トレードの視点を持っている人(≒当時の相場を知っている人)と、

そうではない人とでは、今回の開発中止について受け取る印象や感想について、

だいぶ異なるんだろうなぁ、と思います。

 

なんとなくコロナ・バブルの終焉というか、

あの頃のアンジェスの急騰と暴落を見ては、

今後の教訓がたくさんあるかもしれません。

 

といったところで、本日のブログは手仕舞い。

 


1日1回応援クリックよろしくお願いします!

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。