麻雀「Mリーグ2023-24シーズン」前半戦終了!

トレード雑記第360弾、

 

麻雀「Mリーグ2023-24シーズン」前半戦終了!

2023年12月19日(火)終了時点で、

全9チームが96試合中48試合を消化しました。

 

アイキャッチ画像は、前半戦を終えた全チームの順位、点数状況です。

(ABEMAをそのままスクショしたもの)

 

木曜日(ブログ公開時点で昨日)から後半戦が始まるわけですが、

順位予想など前半戦をふり返りたいと思います。

 

1.新加入チーム“BEAST”の苦戦

今シーズンの一番の目玉は、9チーム目として新たに加入したBEAST Japanext。

 

印象に残る麻雀を打つ選手がそろっているので、

局地的には話題になるのですが、全体としては苦戦しています。

 

プロ野球で楽天ゴールデンイーグルスが発足した1年目と似ているようで、

なかなか馴染むまでには時間がかかっているのかもしれません。

 

わたしはMリーグ発足前からの猿川プロのファンですから、

ぜひ猿川選手もチームも、後半戦の奮闘を期待しています。

 

とはいえ、個人的には「3カ年計画」くらいのイメージで、

初年度(および2年目)はレギュラーシーズン敗退阻止が現実的な目標、

3年目くらいからファイナル進出を目指せるようなチーム作りになるのかなぁと感じます。

 

チームや選手、そしてファンも、あまり焦っても仕方がないでしょうし、

必要以上のバッシングは、Mリーグ全体にとってもマイナスでしかないはずです。

 

2.新加入選手の受難と2年目選手の大活躍

今年度新加入選手はBEASTの4名を含めて7名いますが、

一部の選手を除いて思うような成績に結びついていないようです。

 

一方で、加入2年目、パイレーツのUKコンビこと鈴木優選手、仲林圭選手、

そしてサクラナイツの渋川難波選手の躍動が目立ちます。

 

思い起こせば、

加入1年目の昨シーズンは、3選手とも苦戦していました。

 

さらに前々シーズンまで記憶をたどると、

雷電の本田朋広選手、風林火山の二階堂瑠美選手も、

1年目の成績はボロボロで、2年目となった昨シーズンは活躍していました。

 

それこそMリーグ初年度(5年前)をふり返ると、

ABEMASの白鳥翔選手が見るも無残なほどの最下位でした。

 

白鳥選手は、2年目以降プラスを積み上げて、

現在では通算成績上位にランクインしています。

 

このように考えると、

実力のある麻雀プロであっても、

1年目に成績がマイナスすることは珍しくありません。

 

だからこそ今シーズンから加入した選手、そしてチーム(BEAST)に対しては、

少なくとも2年間の成績をみないことには評価のしようがないのかもしれません。

 

3.昨シーズン優勝“ABEMAS”の低調と多井隆晴プロ

Mリーグ名物(?)とも言われるジンクス「優勝チームは翌年レギュラーシーズン敗退」を、

ファイナル進出100%のABEMASは吹き飛ばしてくれるだろうという期待があったのですが。

 

前半戦終了時点で残留争いのターゲットとなる6位、

チームのポイント状況をみてもマイナス域に沈んでいます。

 

いくつか理由はありそうですが、

大きな理由のひとつが多井隆晴選手がまったくといっていいほど登板していないこと。

 

「例年11月は成績が芳しくないから出ない!?」といったネタもありますが、

傍から見ていても多井プロの体調不良、健康問題への心配があったりします。

 

実際のところ、

関係者を含め相当程度心配の声があったようで、

多井プロ自身がSNSで体調不良を認めています。

 

今後、多井選手の登板は増えると思うのですが、

健康問題、チーム事情など、想定外の出来事が続くかもしれません。

 

このような感じで、前半戦をふり返ると、

開幕前の予想順位や展開において一部ズレがありますが、

現状のチームランキングをみると大方のファンが予想していた順位と言えます。

 

それでも上位4チームの差はそこまで大きくありませんし、

5~7位の3チームも1日(2試合)でひっくり返るくらいの点数差しかありません。

 

下位2チームは、現状の点数的には苦しいチーム状況ですが、

フェニックスもBEASTも爆発力のある選手が在籍していますので、

どこかで1日2連勝とか、4戦4連帯など波に乗れば浮上できまるはず。

 

Mリーグ後半戦も目の離せない対局が続くことを期待しています。

 

といったところで、本日のブログは手仕舞い。

 

人気ブログランキング
1日1回応援クリックよろしくお願いします!

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。