異世界系アニメとMリーグのコラボマッチがすごく残念だった件

トレード雑記第441弾、

 

異世界系アニメとMリーグのコラボマッチがすごく残念だった件

全否定に近い過激なブログタイトルです。

 

内容も、まぁ、そんな感じだけど。

 

ただ、本当に正直に、

あまりにも期待はずれの、残念過ぎたイベントでした。

 

だからでしょうか、

SNSをみても、まったくほとんど話題になっていません。

 

ドラフト会議やファンアートの運用については、

それなりに盛り上がっていたようですが・・・。

 

理由は、単純。

 

あまりにも工夫のない、

至って普通の企画でしかなくて、

声優(+芸人)と麻雀プロ(Mリーガー)とが麻雀するだけの番組だったから。

 

アニメ(あるいは漫画)と麻雀(Mリーグ)のどちらのファンでもある、

わたしの主観でしかないけれど、ただただ期待はずれだった。

 

もう少し演出に工夫と言うか、

たとえば出演者や応援にコスプレや着ぐるみなどアニメのキャラを活用(≒宣伝)するとか、

アニメの世界観を出すような「特殊ルール」を採用するとか、

いくらでもやりようはありそうなのに・・・。

 

たとえば、

特殊ルールの例として、

パッと思いついただけで恐縮だけど、

たとえば「鑑定スキル」だったら、それっぽく、

半荘で1回のみ「他家の配牌を覗くことができる」とか。

 

「転生」に掛けて、

配牌が悪かった場合に「配牌の取り直しができる」とか。

 

そういう感じの、

ちょっとだけ有利になるけど、

決定的には勝負に影響しない程度の特殊ルールでコラボ要素を追加する感じ。

 

ただただ普通に声優、芸人と麻雀プロが麻雀しました、って、

それのどのあたりがアニメとMリーグのコラボと言えるんだろう・・・。

 

辛口だけど、

異世界系アニメもMリーグも、お互いにチャンスのはずなのに、

取って付けたようなしょーもないB級コラボに成り下がっていた。

 

もう少しまともな企画を考えてほしいものです。

 

といったところで、本日のブログは手仕舞い。

 

人気ブログランキング
1日1回応援クリックよろしくお願いします!

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です