雀魂、「雀傑」以上「雀豪」未満の悩み!?

トレード雑記第422弾、

 

雀魂、「雀傑」以上「雀豪」未満の悩み!?

前回、前々回と雀魂ネタでブログを書いてきました。

 

雀魂、はじめました!(2024年5月15日公開)

雀魂、自称中級者の涙ぐましい努力!?(2024年5月17日公開)

 

そこでは、「自称中級者」と表現してきたけれど、

いまいちピンとこないというか、わかりづらい表現になっていたと感じたので、

今回は「雀傑以上、雀豪未満」と表現することにしました。

 

なんとなくだけど、「玉の間」で苦戦していて、

「もう少しで中級者って名乗ってもいいよね!?」くらいのレベル感覚。

 

今のわたしが、だいたいそんな感じの状況。

 

この間いろいろと雀魂関連のYoutubeを視聴していると、

雀傑と雀豪を行ったり来たりとか、金の間と玉の間のレベル差に苦戦してるとか、

同じような感想を抱く人の割合が多い感じで、そういう人向けのアドバイス動画もたくさん。

 

麻雀プロや、魂天、天鳳位など「強くて上手い人」のアドバイスももちろん参考になるけれど、

実際に苦戦しているわたしのような等身大の人の発言(けっしてアドバイスではない)も、

それはそれで価値があるかもしれない、という感覚です。

 

本音を書くと、自分自身の備忘録として、言語化する過程で、

なんとか「勝ちへのヒントが見つかってほしい!」みたいな気持ち。

 

 

まずは、麻雀が下手な人しか言わないであろう名(迷)セリフの第2弾。

(第1弾は、先日のブログで書いた「雀魂のせいで麻雀が嫌いになりそう!!!」です)

 

 

それでは、

第2弾はこちら。

 

雀魂は課金しないとツモが悪くなるって本当!?

 

だいたいの課金系ゲームにおいて、

まことしやかにささやかれる都市伝説的なお話。

 

実際に雀魂において課金勢と無課金勢とで、

配牌のドラ枚数、メンツの数などに有意な差があれば、当然話題になるし、

どれだけ人気ゲームでも、その瞬間に壊滅的打撃を被るので、そういうことはない、

と、思いたい。

 

とはいえ、

なんだろう・・・、

玉の間に行った瞬間にツモが悪くなった気がする。

 

ドラなしメンツゼロの配牌が多過ぎる気が、しないでもないような・・・。

 

リーチをかけてもちっともツモれなくてめくり合いに負けるし、

ちょっといい手がきた、って思ったら、他家からリーチが飛んでくるし、

チグハグ過ぎて、ちっとも勝てない状況になってしまった。

 

まぁ、実力不足なのに負けが込むと、

だいたいこういう他責思考になりがち。

 

 

さて、

気を取り直して、

真面目に(?)ブログを続けます。

 

実際のところ、

わたしが「玉の間」で受けた印象。

 

ちゃんと打たないと、

ちゃんと負ける・・・。

 

そんな感覚。

 

当たり前のことかもしれませんが、

「金の間」だとある程度アバウトに打っていても、

それなりにトータルするとポイントを積み重ねられることも少なくない。

 

少なくとも降段(降級?)を意識するようなことはなかった。

 

「玉の間」では、

これはちゃんと打たないと落ちるな、

落ちても何ひとつおかしくないわな、

自分より強い人が多い印象があるな、

みたいな感覚。

 

前回ブログで書いた「金の間」までのスピード感覚が、

どちらかというと「ゆったり」した流れに戻っていて、

「やりやすい」「打ちやすい」「噛み合う」と感じる分、

ラスった時にちゃんと実力で負けている気持ちになる。

 

ふたつ目は、

自身の麻雀の精度が低いこと。

 

はっきり書くと、ミスが多い。

 

もちろん自分が気づくレベルでのミスが多いわけで、

気づかないレベルのミスは無数にあることは間違いない。

 

集中力の問題もあるけれど、

ガンガン打つことを優先するよりも、

しっかり牌譜検証した方がいいかなぁと感じてきた次第。

 

みっつ目は、

絶対的に勉強不足なところ。

 

麻雀プロでもないし、プロを目指したこともないので、

「麻雀を勉強する」という感覚はこれまでなかった。

 

もちろん役を覚えたりとか、

「何切る問題」みたいなやつをやったりとか、

趣味の範囲内では麻雀本を読んだりといった経験はあるけれど、

本格的な「山読み」「捨て牌読み」みたいな勉強はしてこなかった。

 

ちゃんと勉強すれば、

もう一段階か二段階かは確実に雀力が向上しそうな感覚。

 

ある意味では、

麻雀が一番おもしろい時期、一番伸びる時期かもしれません。

 

前向きに考えて、

まずは「玉の間」でしっかり結果を残せるように精進します。

 

と、いう前向きな気持ちとともに、

雀魂を始めた当初のモチベーションの維持が難しい、という弱音もあったり。

 

おそらく「玉の間」がわたしにとっての壁なんだと思う。

 

本当に勝てなくなってしまった・・・。

 

後、これまでまったく気にしてなかったけど、

入室料(≒コイン)が必要みたいで、負けが込むと足らなくなるっぽい。

 

(少なくとも現時点では)課金するつもりはさらなさらないので、

1日一半荘か二半荘で打ち止め、みたいな「しらけ」(あきらめ?)モード。

 

う~ん、こんなんでいいのか!?

 

わたしはまだまだひよっこ、

数百半荘、数千半荘と打たれている方への尊敬の念を込めて。

 

こういったモチベーションの乱高下もまた、

「雀傑」以上「雀豪」未満の悩み!?

と言っていいのかもしれません。

 

といったところで、本日のブログは手仕舞い。

 

人気ブログランキング
1日1回応援クリックよろしくお願いします!

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です